水無月

水無月とは6月の異名ですが、京都では、6月30日の夏越(なごし)の祓(はらえ)に欠かせない菓子としてお馴染みです。みずみずしい外郎に、京都丹波の大ぶりの大納言小豆をふんだんにのせた花見の「水無月」。大納言のしっかりとした甘味と、外郎の爽やかで上品な甘味が程よく混じり合い、食べ始めるとついついやめられない美味しさです。(216円・税込)